# 研究実績

# 学術論文誌

  • Makoto WAKABAYASHI, Taku TAKADA, Kazumasa IMAI, Yoshihiro KAJIMURA, Jun NAKAYA,Kentarou KITAMURA, Yukikazu MURAKAMI, Fumio ASAI, Masahiro TOKUMITSU, Manabu SHINOHARA,and Kazuo SHIMADA, "Report on KOSEN Space Camp 2016 for Space Engineer Education", The ISTS Special Issue of Transactions of JSASS Aerospace Technology Japan Reviewed.
  • 村上幸一,武田慎吾,峰友佑樹,中西 充,佐鳥 新,伊藤那知,竹内佑介,“ハイパースペクトルデータを用いた結球レタスの成分分析手法の検討”,システム農学,2018年5月掲載予定, 査読有
  • 村上 幸一, 安藤 瑞希, 今村 元紀, 宮本 美佑, スラメット クリスタント ティルト ウトモ,“RFIDを用いた低価格な農作業記録自動収集システムの開発”,農業情報研究 26 巻 (2017) 4 号,2017年12月28日,査読有
  • 高田拓,若林誠,村上幸一,今井一雅,益岡葵,上田真也,”宇宙人材教育のための連動型「缶サット講座・缶サット大会」の実施成果”,工学教育誌, 2017年3月, 査読有
  • Shinji Chiba,, Kazuaki Shiraishi, Yukikazu Murakami, Susumu Yoshida,
  • Tadashi Ishi,Kazuya Kanda,Takaharu Kameoka,Development and Nationwide Spread of a Low Cost ICT System in Agriculture by KOSEN Network,Transaction on GIGAKU 2016 Reviewed.
  • 中山 仁史,村上 幸一,柿元 健,横内 孝史,鹿間 共一,原囿 正博 ”組込み技術を通した創造的技術者教育プログラムの構築と実践”,論文集「高専教育」第36号,2013年3月 査読有
  • 香川恵里奈, 村上幸一,”オープンソースソフトウェアを対象とした設定マニュアル自動生成システムの開発”,情報知識学会論文誌,Vol.22 No.3,2012年9月 査読有
  • 村上幸一, 重田和弘, 徳永秀和, 古川満信, 向井しのぶ, "類似講義間連携のための教材共有支援システムの提案", 論文集「高専教育」 第34号, 2011年3月 査読有
  • 村上幸一, 舩曵信生, 徳永秀和, 重田和弘, 中西透, "操作ログを用いたオープンソースソフトウェアのインストールマニュアル自動生成法の提案", 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.3, 2009年3月, 査読有
  • Akira Namatame, Naoto Sato, Yukikazu Murakami, "Co-Evolutionary Learning in Strategic Environments", Recent Advances in Simulated Evolution and Learning Chen Tann (Eds) World Scientific Press, 2004, Reviewed

# 特許出願

  • 栽培契約マッチングシステム、サーバ、方法およびプログラム 特許査定 (2016年6月)

# 国際会議発表

  • Kazuya Kanda, Kazuaki Shiraishi, Yukikazu Murakami, Susumu Yoshida and Shinji Chiba, “Development of Meteorological Observing System and Comparison of Measured Data with the Reference Products”, AFITA/WCCA 2018 24th-26th October 2018, p349-351, IIT Bombay, Mumbai INDIA, Reviewed
  • Kazuaki Shiraishi, Noritaka Suzaki, Susumu Yoshida, Shinji Chiba, Yukikazu Murakami, Kazuya Kanda and Takaharu Kameoka, “Study on High-Quality Citrus Cultivation Technique Utilizing UAV Images and Deep Learning”, AFITA/WCCA 2018 24th-26th October 2018, p364-365, IIT Bombay, Mumbai INDIA, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Kengo Miyoshi, Kazuaki Shiraishi, Shinji Chiba, Susumu Yoshida and Kazuya Kanda, "Implementation of Automatic Input Function to Harvest Prediction System using Neural Networks", AFITA/WCCA 2018 24th-26th October 2018, p369-371, IIT Bombay, Mumbai INDIA, Reviewed
  • Makoto Wakabayashi, Taku Takada, Kazumasa Imai, Yoshihiro Kajimura, Jun Nakaya, Kentarou Kitamura, Yukikazu Murakami, Fumio Asai, Masahiro Tokumitsu, Manabu Shinohara, and Kazuo Shimada, "Implementation Report of KOSEN Space Camp in 2015 and 2016, 31st ISTS, June 3-9, 2017
  • Taku Takada, Kazumasa Imai, Kentarou Kitamura, Yukikazu Muakami, Fumio Asai, Makoto Wakabayashi, Yoshihiro Kajimura, Nobuto Hirakoso, Manabu Shinohara, Jun Nakaya, Masahiro Tokumitsu, and Kazuo Shimada, "Three years Results of Space Technology Education Project from a Collaboration with National Technical Colleges for Small Spacecraft Development", 31st ISTS, June 3-9, 2017
  • Yukikazu Murakami, Mizuki Ando, Miyuu Miyamoto, Slamet Kristanto Tirto UTOMO, "Proposed of Automatic Collection System on FarmWork Recode by RFID", 2016 International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS2016), July 6-th - July 8-th, 2016, Fukuoka Institute of Technology (FIT), Fukuoka, Japan, Reviewed
  • Shinji Chiba, Susumu Yoshida, Yukikazu Murakami, Shinichiro Hoshina, Kazuaki Shiraishi, Tadashi Ishi and Kazuya Kanda, "Development of a Meteorological Observation System Using Arduino by KOSEN Network", World Congress on Computers in Agriculture, Asia Federation for Information Technology in Agriculture 2016(WCCA·AFITA 2016), June 21 (Tue.) ~ 24 (Fri.), 2016, Sunchon National University, Korea, Reviewed
  • Development and Nationwide Spread of a Low Cost ICT System in Agriculture by KOSEN Network, Shinji Chiba, Kazuaki Shiraishi,Yukikazu Murakami, Susumu Yoshida, Tadashi, Ishi and Kazuya Kanda, The 4th International GIGAKU Conference in Nagaoka, I0-8,2015, Reviewed
  • Kojiro FUJII, Yukikazu MURAKAMI, Kenji HATO: "Trial of an Automatic Schedule for Farming and Crop Prediction", 2015 International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS2015), July 8-th - July 10-th, 2015, Regional University of Blumenau (FURB), Blumenau, Brazil, Reviewed
  • Yukikazu MURAKAMI: "iFarm: Development of Web-based System of Cultivation and Cost Management for Agriculture", 2014 International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS2014), Birmingham, UK, July 2nd - July 4th, 2014, Reviewed
  • Ken Shigeta, Makoto Nanko, Shigekazu Suzuki, Yukikazu Murakami and Yuji Tasaki: "Design of A Research of Overseas Industries in Viet Nam", The 3rd International GIGAKU Conference in Nagaoka (IGCN 2014) Nagaoka, Japan, Jun 20th-22nd, 2014, Reviewed
  • Akhmad Syaikhul Hadi, Takashi YUKAWA, Yukikazu MURAKAMI:"A SCORM Compliant Content Generation System for Open Source Software Usage Manuals", 17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2013, Kitakyushu, Japan, 9, 10 & 11 September 2013, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Slamet Kristanto Tirto Utomo, Keita Hosono, Kazuhiro Shigeta: "Proposed of Cultivation Management System with Informatics and Communication Technology", The 1st IEEE Global Conference on Consumer Electronics 2012(GCCE2012), Tokyo, Japan, October 3rd, 2012 Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Yuki Hori: “Automatic Generation of Usage Manuals for Open-Source Software”2012 International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS2012), Palermo, Italy, July 4th-July 6th, 2012, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Erina Kagawa, Nobuo Funabiki, " Automatic Generation of Configuration Manuals for Open-Source Software", 2011 International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS2011), Seoul Korea, June 2011, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Mitunobu Furukawa, Shinobu Mukai, Kazuhiro Shigeta, Hidekazu Tokunaga, "Creation and Evaluation of the Animation Manual as Self-Study Teaching Materials", The international symposium on Innovative Technology towards Sustainable Society (ITSS2010), Kagawa National College of Technology, pp.58-59, Takamatsu, Japan, July 2010, Non Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Nobuo Funabiki, Hidekazu Tokunaga, Kazuhiro Shigeta, and Toru Nakanishi, "A Web-based installation manual management system for open source software", Digital Content Multimedia Technology and its Applications(IDC2009), Seoul Korea, pp.1261-1266, August 2009, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Nobuo Funabiki, Hidekazu Tokunaga, Kazuhiro Shigeta, Toru Nakanishi, "A Proposal of an Installation Manual Generation Method for Open Source Softwares Using Operation Logs", 4th IEEE/ACM International Conference on Signal-image Technology & Internet-based Systems(SITIS 2008), Bali Indonesia pp.547-554, November 2008, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Hiroshi Sato, and Akira Namatame "Co-Evolutionary Learning in Strategic Environment", 4th Asia-Pacific Conference on Simulated Evolution And Learning (SEAL2002), Singapore, November 2002, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Hiroshi Sato, and Akira Namatame "Co-Evolution in Non-Cooperative Games", The 6th International Conference on Complex Systems(CS2002), pp269-277 Tokyo Japan September 2002.
  • Yukikazu Murakami, Hiroshi Sato, and Akira Namatame "Realizing Unstable Social Efficiency with Mutual Learning of Meta-Rules", Congress on Evolutionary Computation(CEC2002), Hawaii USA, pp1522-1527 May 2002, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Hiroshi Sato, and Akira Namatame "Co-evolution in Hawk-Dove Games in a Mobile Environment", The 5th Australia-Japan Joint Workshop on Intelligent Evolutionary Systems, Otago New Zealand, pp19-25, November 2001, Reviewed
  • Yukikazu Murakami, Hiroshi Sato, and Akira Namatame "Co-evolution in Negotiation Games", International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications(ICCIMA 2001), Yokosuka Japan, pp241-245 November 2001, Reviewed

# 学会発表

  • 片山大貴, 村上幸一, 白石和章, "農作業技術継承WEBマニュアル生成・表示システムの提案, 信学技報, vol. 118, no. 485, LOIS2018-77, pp. 127-132, 2019年3月
  • 吉川悠斗, 村上幸一, 白石和章, 柴原 凱, "Mask R-CNNを用いたアイカメラ映像解析手法の検討", 信学技報, vol. 118, no. 485, LOIS2018-76, pp. 121-125, 2019年3月
  • 笠松雅史, 村上幸一, 三好健悟, "データオーギュメンテーションによる深層学習の推定精度の向上に関する検討", 信学技報, vol. 118, no. 485, LOIS2018-75, pp. 115-119, 2019年3月
  • 新谷悠真, 村上幸一, 大西 哲, "バルーンサットの開発とCubeSat教材への改良の検討", 信学技報, vol. 118, no. 485, LOIS2018-73, pp. 103-108, 2019年3月
  • 大西 哲, 村上幸一, 岩倉洋平, 池上香苗, 重田和弘, BLEタグを用いた農作業記録自動収集システムの提案, 信学技報, vol. 118, no. 485, LOIS2018-74, pp. 109-114, 2019年3月
  • 松永 統真, 白石 啓一, 高城 秀之, 粂川 一也, 村上 幸一: ネットワークシミュレータIMUNESの動作に関する調査, 平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.199(2018), 愛媛大学(愛媛県松山市)
  • 三好 健悟, 村上 幸一、“深層学習を用いた収穫日予測手法の検証”, 2018年度人工知能学会全国大会(第32回), 鹿児島県鹿児島市 城山ホテル鹿児島, 2A2-03 6/5 - 6/8, 2018, 査読有
  • 村上 幸一, 渡邊 修平, "アイカメラ映像からの熟練営農者の暗黙知表出と有用性評価", 農業情報学会 年次総会2018, 個18, 5/16,17, 2018, 東京大学
  • 吉田晋, 千葉慎二, 白石和章, 村上幸一, 神田和也, "KOSEN版簡易ウェザーステーションの低価格化と実証実験", 農業情報学会 年次総会2018, 個28, 5/16,17, 2018, 東京大学
  • 村上幸一,白石和章,“農作業技術継承マニュアル表示システムの提案”  電子情報通信学会総合大会,D-9-29,2018年3月22日
  • 今村元紀,村上幸一,岩倉洋平,池上香苗,三好健吾,“iBeaconを用いた農作業記録自動収集システムの提案”,電子情報通信学会総合大会,D-9-28,2018年3月22日
  • 三好健悟,村上幸一,“深層学習を用いた収穫日予測手法の提案”,電子情報通信学会総合大会,D-9-27,2018年3月22日
  • 松永統真,白石啓一,高城秀之,粂川一也,村上幸一,“ネットワーク構築演習の作成と改良 ~ 構造調査とアンケートによる評価 ~”,信学技報, vol. 117, no. 469, ET2017-112, pp. 137-142, 2018年3月3日
  • 武田慎吾,村上幸一,峰友佑樹,佐鳥 新,伊藤那知,中西 充,”光の反射スペクトルを用いた結球レタスの成分分析指標の探索”,信学技報, vol. 116, no. 488, LOIS2016-92, pp. 167-171, 2017年3月3日
  • 岡本真由子,村上幸一,重田和弘,”農業従事者向け音声対話システムの提案”,信学技報, vol. 116, no. 488, LOIS2016-91, pp. 163-166, 2017年3月3日
  • 三好健悟,村上幸一,”ニューラルネットワークを用いた収穫予測システムへの自動入力機能の実装”, 信学技報, vol. 116, no. 488, LOIS2016-90, pp. 157-162, 2017年3月3日
  • 今村元紀,マーク サヤン,村上幸一,安藤瑞希,”RFIDを用いた農作業記録自動収集システムの実装”,信学技報, vol. 116, no. 488, LOIS2016-89, pp. 153-155, 2017年3月3日
  • マーク サヤン,村上幸一,靏浩二,”第二言語による聴覚刺激時の脳波解析”,電子情報通信学会,LOIS研究会,信学技報,vol. 116, no. 488, LOIS2016-71, pp. 53-55, 2017年3月2日
  • 大森裕二,村上幸一,”植物工場における低カリウム野菜栽培の知識表出に関する研究”,信学技報, vol. 116, no. 405, LOIS2016-51, pp. 19-23, 2017年1月19日
  • 今井一雅, 北村健太郎, 高田拓, 若林誠, 浅井文男, 平社信人, 梶村好宏, 村上幸一, 篠原学, 島田雄,"Raspberry Pi Zeroを用いた超小型衛星のOBC開発とその宇宙人材育成への展開", 第60回宇宙科学技術連合講演会・講演集1、B06(JSASS-2016-4021)平成28年9月6日
  • 北村健太郎, 三浦靖一郎, 櫻本逸男, 池田光優, 村上幸一, 浅井文男, 若林誠, 梶村好宏, 平社信人, 篠原学, 高田拓, 今井一雅,"高専における超小型衛星開発の技術者教育への展開",第60回宇宙科学技術連合講演会・講演集1, B07(JSASS-2016-4022)平成28年9月6日
  • 岡本真由子,村上幸一,重田和弘,”農作物の収穫予測のための長期気象予測手法に関する検討”,農業情報学会年次大会,5月19日,2016
  • 大森裕二,村上幸一,佐鳥新,伊藤那知,"ハイパースペクトルカメラを用いた露地作物の生産・品質管理システムの提案と自動撮影機能の検討",農業情報学会年次大会, 5月18日,2016
  • ヌル アマリナ ビンティ カマルディン, 村上幸一,“第二言語としての一対一日本語会話における視線分析”,電子情報通信学会,LOIS研究会,信学技報 115(486), 105-108, 2016-03-03
  • 金丸将之 , 村上幸一,“露地栽培におけるトンネル被膜部分内部の環境計測システムの開発”,電子情報通信学会,LOIS研究会,信学技報 115(486), 99-104, 2016-03-03
  • 宮本美祐 , 村上幸一 , 安藤瑞希 , スラマト クリスタント・ティルト・ウトモ,“RFIDを用いた農作業自動記録アプリケーションの提案”, 電子情報通信学会,LOIS研究会,信学技報 115(486), 95-98, 2016-03-03
  • 村上幸一,神田和也,千葉慎二 他,“低価格な高専版農業用センサの開発と全国圃場での実証実験”,高専シンポジウムin香川2016,2016年1月23日,香川
  • 安藤瑞希 , 村上幸一 , スラマト クリスタント・ティルト・ウトモ,“RFIDを用いた農作業記録自動収集システムに関する研究”,電子情報通信学会,LOIS研究会,信学技報 115(409),13-18, 2016-01-21
  • 吉田圭吾 , 村上幸一,“ニューラルネットワークによるレタスの収穫日予測における作業スケジュールの影響”, 電子情報通信学会,LOIS研究会,信学技報 115(409), 7-12, 2016-01-21
  • 峰友佑樹 , 村上幸一 , 佐鳥新 他,“光の反射スペクトルを用いた農作物に関する成分分析指標の探索”,電子情報通信学会,LOIS研究会,信学技報 115(409), 1-6, 2016-01-21
  • 村上幸一, 金丸将之,“トンネル栽培用簡易フィールドセンサの試作”,農業情報学会,農業×計測×情報通信ワークショップ,2015年11月5日,東京
  • 村上幸一,十河洋大:“露地栽培におけるトンネル被膜部分内部の温度分布調査及び気温推定モデルの検討”,農業情報学会年次大会 2015年5月14日 東京大学
  • 安藤瑞希,村上幸一:“RFID を用いた農作業記録自動収集システムに関する検討”,電子情報通信学会2015年総合大会,D-9-15,2015年3月12日,立命館大学
  • 吉田圭吾,村上幸一:“ニューラルネットワークによる冬レタスの収穫日予測に関する検討”,電子情報通信学会2015年総合大会,D-1-13,2015年3月11日,立命館大学
  • 福井順一,村上幸一:“圃場管理のためのフィールドセンサシステムの提案”,電子情報通信学会2015年総合大会,B-18-47,2015年3月10日,立命館大学
  • 峰友佑樹,村上幸一,佐鳥 新,伊藤知那,羽藤堅治,三崎幸典:“ 光の反射スペクトルを用いた土壌成分の分析指標の探索”,電子情報通信学会2015年総合大会,立命館大学,B-2-14,2015年3月10日
  • 村上幸一,宮崎耕輔,藤井宏行,奥村紀之,“英語授業講義力強化プログラムへの参加報告”,香川高専H26年度教育実践事例報告会,2014年12月1日
  • 藤井宏次朗,村上幸一:“農作業の自動スケジュール及び収穫予測システムの試作”,平成26年度 電気関係学会四国支部連合大会,19-25,2015年9月13日
  • 菅生瑞稀,村上幸一:“オープンソースソフトウェア自動パフォーマンス・チューニング手法のMySQLへの適用”,映像情報メディア学会技術報告,Vol.38,No.7 p291-295, 2014年2月17日
  • 渡邉修平,藤井宏次朗,村上幸一:“アイカメラを用いた農作業技術継承マニュアルの提案”,映像情報メディア学会技術報告,Vol.38,No.7 p297-300, 2014年2月17日
  • 渡邊修平,村上幸一:“オープンソースソフトウェア利用マニュアル自動生成システムの試作”,信学技報, vol. 112, no. 500, ET2012-99, pp. 101-104, 2013年3月
  • 村上幸一,王哲,舩曵信生:“オープンソースソフトウェア利用支援システムでのインストール検証機能の提案”,信学技報, vol. 112, no. 500, ET2012-100, pp. 105-110, 2013年3月.
  • 藤井宏次朗,渡邊修平,村上幸一:“圃場管理のためのフィールドセンサー情報のグラフ化とアラート機能の開発”,信学技報, vol. 112, no. 466, LOIS2012-69, pp. 1-4, 2013年3月.
  • 菅生瑞稀,村上幸一:“遺伝的アルゴリズムを用いたオープンソースソフトウェアの自動パフォーマンス・チューニング手法の提案”,信学技報, vol. 112, no. 466, LOIS2012-70, pp. 5-10, 2013年3月.
  • 原囿正博,内田由理子,徳永秀和,村上幸一,今岡芳子,中山仁史:“地域産業に必要な人材イノベーションのための双方向情報発信戦略”平成24年度全国高専教育フォーラム教育研究活動発表会,2012年8月,査読無
  • 村上幸一,李田財,舩曵信生,野上保之:“オープンソースソフトウェア利用マニュアル管理システムの開発と大学院演習への適用”教育工学研究会(香川高専詫間キャンパス),電子情報通信学会,ET2011-133, pp191-196, 2012年3月,査読無
  • 細野敬太,村上幸一:“農作業情報管理のためのWEBデータベースシステムの開発” ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(名桜大学),電子情報通信学会,LOIS2011-73, pp.1-6, 2012年3月,査読無
  • スラメット クリスタント ティルト ウトモ,村上幸一,重田和弘:“ICTを用いた農作業日誌作成支援システムの開発”,ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(名桜大学),電子情報通信学会,LOIS2011-74, pp.7-12, 2012年3月,査読無
  • 森佑貴,香川恵里奈,村上幸一:“オープンソースソフトウェアの自動パフォーマンス・チューニング手法の提案”,ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(名桜大学),電子情報通信学会,LOIS2011-75, pp.13-18, 2012年3月,査読無
  • 村上幸一:“オープンソースソフトウェア利用教育の高等教育機関連携に関する検討”,教育システム研究会若手の会(信州松本),ポジションペーパー,2011年11月
  • 村上幸一, 徳永秀和, 今岡芳子, 中山仁史, 原囿正博: “地域産業に必要な人材イノベーションのための双方向情報発信戦略 -香川高専 ICT オープンキャンパス-”, 高専改革推進経費事例発表会(鹿児島大学),第22回全国高専教育フォーラム, 2011年8月,査読無
  • 李田財, 村上幸一, 舩曵信生, "CMSを用いたオープンソースソフトウェア利用マニュアル管理システムの提案", 教育工学研究会(徳島大学), 電子情報通信学会, ET2010-125, pp187-192, 2011年3月, 査読無
  • 堀有輝, 村上幸一, 舩曵信生, "Webページレイアウト最適化手法を適用したオープンソースソフトウェア異種マニュアルの統合", ネットワークシステム研究会(沖縄コンベンションセンター), 電子情報通信学会, NS2010-205, pp241-246, 2011年3月, 査読無
  • 香川恵里奈, 村上幸一, 舩曵信生, "オープンソースソフトウェア・設定マニュアル自動生成システムの試作", ネットワークシステム研究会(沖縄コンベンションセンター), 電子情報通信学会, NS2010-206, pp247-252, 2011年3月, 査読無
  • 堀有輝, 村上幸一, 舩曵信生, "Webページレイアウト最適化法のオープンソースソフトウェア・インストールマニュアルへの適用", ネットワークシステム研究会(岡山大学), 電子情報通信学会, NS2010-141, pp215-218, 2010年12月, 査読無
  • 香川恵里奈, 村上幸一, 舩曵信生, "Webによるオープンソースソフトウェア・設定マニュアル自動生成法の提案", ネットワークシステム研究会(岡山大学), 電子情報通信学会, NS2010-140, pp215-218, 2010年12月, 査読無
  • 村上幸一, 古川満信, 向井しのぶ, 重田和弘, 徳永秀和, "自学自習教材としての動画マニュアルの作成と評価", 全国高専教育フォーラム・教育教員研究集会(長岡技術科学大学), pp325-326, 2010年8月, 査読有
  • 村上幸一, 韓悦, 舩曵信生, 徳永秀和, 重田和弘, 中西透, "オープンソースソフトウェアインストールマニュアル管理のためのWebデータベースシステム", 教育工学研究会(香川大学), 電子情報通信学会, ET2008-121, pp.163-168, 2009年3月, 査読無
  • 村上幸一, 舩曵信生, 徳永秀和, 重田和弘, 中西透, "オープンソース利用初心者を対象としたインストール操作支援システムの提案 ", IEEE広島支部学生シンポジウム(広島産業会館), IEEE広島支部, ポスター発表(D-28), 2008年11月, 査読有
  • 村上幸一, 舩曵信生,徳永秀和, 重田和弘, "複数オープンソース間連携を要するインストールマニュアル自動生成法の提案", グループウェアとネットワークサービス研究会(東京工科大学), 情報処理学会, GN-67, pp.79-84,2008年3月, 査読無
  • 村上幸一, 舩曵信生,徳永秀和, 重田和弘, "ログファイルを利用したオープンソースソフトウェアのインストールマニュアル自動生成法の提案", 教育工学研究会(大阪府立高等専門学校), ET2007-33, pp.51-56, 2007年9月, 査読無
  • 村上幸一, 徳永 秀和, "Robocode Tank Fightersプログラムの進化論的計算手法による学習に関する研究", 人工知能学会全国大会(北九州国際会議場) ページ番号なし(CD-ROM配布)2005年6月, 査読無
  • 村上幸一, "マルチエージェントのボトムアップコントロールに関する研究 ", 電子情報通信学会総合大会(大阪大学), 電子情報通信学会, pp77, 2005年3月, 査読無
  • 村上幸一, "ネットワーク特性の相互作用への影響に関する研究 ", 電子情報通信学会総合大会(東京工業大学), 電子情報通信学会, pp99, 2004年3月, 査読無
  • 村上幸一, 佐藤 浩, 生天目 章, "共進化プロセスのミクロレベルからの解明", 第25回システム工学部会研究会(学術総合センター), 計測自動制御学会, pp21-28, 2002年3月, 査読無
  • 田浦 紀子 , 村上 幸一 , 生天目 章 ,"El Farol 問題からみる譲り合いの学習" SICE Symposium on Decentralized Autonomous Systems 14, pp171-176, 2002年1月, 査読無
  • 村上幸一, 佐藤 浩, 生天目 章, "模倣学習と共進化に関する研究", 知能と複雑系(ラフォーレ修善寺), 情報処理学会 pp183-190 2002年1月, 査読無
  • 村上 幸一, 塚本 義明, 生天目 章, "エージェントの選好情報の集約化とマルチエージェントの効率的な資源配分法", 情報処理学会第54回全国大会(千葉工業大学), 情報処理学会 pp383-384 1997年3月, 査読無

# その他の発表

  • 村上幸一, “Google Earth Engineを用いた人工衛星データ解析手法", 第10回高専スペースアカデミア, 3月28日, Skypeによる遠隔講義
  • 中谷淳、北村健太郎、今井一雅、篠原学、梶村好宏、高田拓、平杜信人、村上幸一、若林誠、徳光政弘、島田一雄, "国立高専衛星の開発と宇宙人材育成 -高専ネットワーク型宇宙人材育成の2年間の進捗報告-", 名古屋、平成30年度東海工学教育協会高専部会シンポジウム, 2018.12.14
  • 村上幸一, "人工知能研究と農業分野への活用事例" , 招待講演(高松西高校 1年生 総合学習), 11月, 2018年
  • 村上幸一, "採点型農業マネージメントAI「アントワネット」の開発の現状", システム農学会2018年度秋季大会、招待講演、11/9,10, 2018年
  • 中谷淳、北村健太郎、今井一雅、篠原学、梶村好宏、高田拓、平杜信人、村上幸一、若林誠、徳光政弘、島田一雄, "高専スペース連携プロジェクト -国立高専衛星の実現と若手宇宙人材育成-", 上田市、全国高専交流会 in 長野2018, 2018.10.20
  • 村上幸一, "深層学習を用いた農作物の収穫日予測手法", 8/21, 高専フォーラム2018, 名古屋大学, 2018年
  • 村上幸一,“植物工場における低カリウム野菜の非破壊全数検査手法に関する研究”,香川高等専門学校シーズ発表会,リーガホテルゼスト高松,2016年9月21日
  • 村上幸一,”模擬人工衛星"HEPTA"を用いた専攻科実験テーマの検討”,平成28年度全国高専フォーラム,OS(教育)16,岡山大学,2016年8月26日
  • 村上幸一,高専スペース連携,”衛星地上局とA301無線機を用いたCubeSat通信系教育手法の検討", 第3回小型衛星の教育利用を考える会,京都市立京都工学院高等学校,2016年8月24日
  • 村上幸一,山尾優,iFarm利用説明会,香川県農業試験場,2016年6月17日
  • 村上幸一,“栽培管理・原価管理システムiFarmへの関連システムの統合とe-栽培暦との連携”,全国KOSEN研究ネットワークICT農業研究会成果報告会,2016年3月24日,東京
  • 村上幸一,峰友佑樹,佐鳥 新 他,“分光反射スぺクトルを用いたレタスの成分分析評価指標の探索”,ポスター展示,アグリビジネス創出フェア2015,東京ビッグサイト,2015年11月18日−20日
  • 村上幸一,“分光反射スペクトルを用いた露地栽培下での生産・品質管理手法”,プレゼン発表,アグリビジネス創出フェア2015,東京ビッグサイト,2015年11月19日
  • 村上幸一,峰友佑樹,佐鳥 新 他,“分光反射スぺクトルを用いたレタスの成分分析評価指標の探索”, ポスター発表,四国オープンイノベーションワークショップ,2015年11月10日
  • “CanSat-超小型模擬人工衛星-を作ってみよう”,香川高専サイエンスフェスタ2015年11月
  • 村上幸一“栽培記録システム-iFarm-の全国実証実験と需給マッチングサービスへの展開” 高専フォーラム2015,東北大学,2015年8月27日
  • 村上 幸一:”栽培記録システム-iFarm-の全国実証実験と需給マッチングサービスへの展開”,高専フォーラム オーガナイズドセッション 東北大学,2015年8月27日
  • Shinji Chiba, Kazuaki Shiraishi, Yukikazu Murakami, Susumu Yoshida, Tadashi Ishi and Kazuya Kanda: "Development and Nationwide Spread of a Low Cost ICT System in Agriculture by KOSEN Network" GIGAKUカンファレンス,招待講演 2015年7月20日
  • 村上 幸一: “香川高専における高校・高専「気象観測機器コンテスト」への取組み”,電波技術協会報FORN 2015.3 No.303
  • 松川 弘明,村上 幸一,古市 努,"農産物サプライチェーン見える化システム",KEIO TECHNO MALL 2014,ポスター展示,ポスター発表,東京
  • 村上 幸一: “アイカメラを用いた農作業技術継承マニュアルの開発”,アグリビジネス創出フェアー2014,2014年11月12日~14日,ポスター発表,東京
  • 村上幸一:“アイカメラを用いた農作業技術継承マニュアルの開発”,高専テクノフォーラム2014,2014年8月21日,ポスター発表,札幌
  • 村上幸一: “農作物の栽培管理と収穫予測に基づいた栽培契約マッチングシステム”, 6次産業化と明日へのものづくり新技術説明会,2015年8月20日,札幌
  • 村上幸一:”契約栽培マッチングシステムの高機能化と有用性の向上”,異分野融合共同研究 ワークショップ,オフィス東京,2014年7月11日
  • 村上幸一「缶サット(模擬人工衛星)の開発と宇宙空間観測の試み」,サンメッセ香川 香川高専シーズ発表会,2013年11月
  • 村上幸一, ”ICTを活用した農業生産技術の可視化に向けた取組み”,アグロ・イノベーション2013,東京ビックサイト,2013年10月23日〜25日
  • 村上幸一,”てるてる フィールドセンサーシステム”,アグロ・イノベーション2013,東京ビックサイト,2013年10月23日〜25日
  • 村上幸一,”産学連携による「栽培記録・原価管理システム」の開発”,第11回全国高専テクノフォーラム,名古屋,2013年8月20日
  • 村上幸一:“「電子百葉箱」アフターレポート ~西条市に設置してきました~”,香川高専 イブニングセミナー(高松キャンパス)2012年2月
  • 村上幸一, 細野敬太,Slamet Kristanto Tirto Utomo, 重田和弘,”農作業支援システム「iFarm」の開発”,グリーンイノベーションEXPO2012,東京ビックサイト,2012年11月
  • 村上幸一,(株)ビットコムとの共同出展, ”栽培記録・原価管理システム -iFarm- ”,アグロフェアー2012,東京ビックサイト,2012年11月
  • 鹿間 共一,村上 幸一,柿元 健,横内 孝史,原囿 正博,中山 仁史 "電気情報工学科における組込み技術教育プログラム" 香川高専教育実践事例報告会(詫間キャンパス),2012年12月
  • 村上 幸一,”電子百葉箱の開発”,香川高専 イブニングセミナー(高松キャンパス),2011年11月
  • 村上 幸一, 細野敬太,Slamet Kristanto Tirto Utomo, 重田和弘,”農作業支援システム「iFarm」の開発”,グリーンイノベーションEXPO2012,東京ビックサイト,2012年11月
  • 村上 幸一(株)ビットコムとの共同出展, ”栽培記録・原価管理システム -iFarm- ”,アグロフェアー2012,東京ビックサイト,2012年11月
  • 村上幸一:重田和弘:“Android 技術者教育の導入” Embedded Technology West 2011/組込み総合技術展 関西(インテックス大阪),2011年6月
  • 村上幸一:“香川高専における技術者教育実践事例の紹介 -Android教育への取り組みと,組込み技術者教育-”第6回 元気なら組み込みシステム・フォーラム(なら産業活性化プラザ),奈良工業高等専門学校主催,2011年7月,招待講演
  • 村上幸一:“栽培記録管理・原価管理システムのご案内”,営農者のためのIT導入セミナー(香川県西讃農業改良普及センター), 四国経済産業局委託事業,2012年3月
  • 村上幸一, 古川満信, 向井しのぶ,横内孝史, 辻正敏, "学生実験における実技試験の導入とそのサポートの試み", 香川高専教育実践事例報告会(香川高専), 2010年12月
  • 村上幸一, "組込み技術者教育への取り組みについて", オープンセミナー2010@香川, (e-とぴあ香川), 2010年9月
  • 村上幸一, "実験実習科目における動機付けの試み", 平成20年度四国地区高専共同事業FD研修会(電気・情報系), 高松工業高等専門学校, 2008年7月31日

# 学位論文

  • 村上幸一, "オープンソースソフトウェアのインストール支援システムに関する研究", 博士(工学), 岡山大学 大学院自然科学研究科 博士後期課程, 2009年9月
  • 村上幸一, "相互依存関係にあるエージェントの共進化", 防衛大学校 理工学研究科前期課程, 2003年3月
  • 村上幸一, "エージェントの選好情報の集約化とマルチ・エージェントの効率的な資源配分法", 学士(理学), 防衛大学校 理工学部, 1997年3月

# 研究助成・取得状況

# (1)競争的研究資金(研究)

  • 総務省,IoTサービス創出支援事業(平成28年度第2次補正予算),研究分担者
  • 香川県受託研究経費,2016年,2017年
  • 日本学術振興機構 科学研究補助金 基盤研究C, 研究代表者, 2016-2018年
  • 科学技術振興機構,マッチングプランナープログラム(探索試験)2015-2016年
  • 農研機構,革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究) (2014 - 2016),研究分担者
  • 百十四銀学術振興財団助成 2013年
  • 文部科学省 科学研究補助金 若手研究(B), 研究代表者, 2010-2012年
  • 科学技術振興機構,A-STEP(シーズ探索タイプ), 2011年
  • 財団法人 南海育英会 研究助成, 研究代表者, 2005年

# (2)競争的研究資金(教育)

  • 文部科学省,宇宙航空科学技術推進委託費,実践的若手宇宙人材育成プログラム (2014 - 2016),研究分担者
  • 高専機構 平成24年度 特別教育研究経費 実施分担者
  • 香川大学 源内塾 研究助成(2010- 2012 )
  • 高専機構 設備マスタープラン(2010- 2012 )
  • 平成22-23年 高専改革推進事業プロジェクト 実施分担者
  • 長岡技術科学大学 高専-長岡技科大 共同研究助成 (2011年,2014年)
  • 独立行政法人 科学技術振興機構 サイエンス・パートナーシッププロジェクト(SPP), プランA,実施主担当者, 2007年

# (3)学内裁量

  • 高松高専 学校長裁量経費 研究助成 2008-2009年, 2012年−2016年
  • 香川高専 電気情報工学科 特別研究経費 2010年
  • 岡山大学大学院 自然科学研究科学生奨励研究費 2007年

# (4)寄付金

  • キャベツを対象としたアイカメラ動画マニュアルの作成,2014 - 2015

# 所属学会

  • 大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)(正会員)
  • 日本リモートセンシング学会 (正会員)
  • 電子情報通信学会(正会員)
  • 組込みソフトウェア技術者・管理者育成研究会(SESSAME) コミュニティ会員

# 共同研究

  • 東京農工大学 2015年ー継続中
  • 北海道科学技術大学,北海道衛星株式会社 2013年-2015年
  • 西条市,サンライズファーム西条,2012年-2015年
  • 長岡技術科学大学(湯川研究室),2011年
  • (株)ビットコミュニケーションズ,いちごソフト開発 :農作業支援システムの開発, 2010年-2012年
  • 岡山大学大学院 大学院自然科学研究科(舩曵研究室) 2006年3月-2009年10月

# 社会連携活動

# (1)講師

  • (公開講座)「模擬人工衛星(缶サット)の制作・打ち上げ講座」,2016年,8月27日
  • (サイエンスフェスタ)「模擬人工衛星(缶サット)を作ろう」, 2016年11月5・6日
  • 高校生農業ビジネススクール「ICTを用いた農業支援システム」,西条産業情報支援センター,2013年12月26日
  • 公開講座「中四国で初の子ども缶サット(模擬人工衛星)づくり」, 香川高専高松キャンパス, 2013年3月31日
  • 源内塾講師(香川大学),2011年,2012年
  • 公開講座「レゴマインドストームを用いたロボット競技 ~ミッションを達成せよ~」 香川高専高松キャンパス, 2010年11月3日
  • 実践型ものづくり課題解決能力養成講座・電子計測コース:計測データ処理Ⅱ, 主催:(財)四国産業・技術振興センター, 香川高専高松キャンパス,2010年10月8日
  • 公開講座「組込み開発のためのC言語,ハードウェア入門」, 香川高専高松キャンパス, 2010年9月4日
  • H8マイコンによる組込みプログラミング入門(共催:電子情報通信学会四国支部), 香川高専高松キャンパス, 2009年11月15日,2010年9月5日,12日
  • 組込み技術セミナー・入門コース, 香川高専高松キャンパス, 2009年10月26日,2010年9月16日,17日,24日
  • 弓削丸特別講義,「人工社会 -地球環境・エネルギー問題に対するエージェントベースアプローチ-」,弓削商船高専,2010年7月28日
  • 高度技術者養成研修 "uCLinux組込技術講座"(主催:電子情報通信学会四国支部)高松工業高等専門学校,2008年8月9日
  • 科学技術振興機構 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト, "身近な科学技術への興味- 通信ネットワーク技術のしくみ", 2007年6月14日
  • 非常勤講師, "工業技術英語", 四国職業能力開発大学校, 応用課程2年生, 2005年4月~10月(6ヶ月間)

# (2)理事・役員

  • 四国地区大学野球連盟理事, 2006年4月~2011年3月
  • 香川県高校野球連名理事 2011年4月〜
  • 高松工業高等専門学校 電気情報工学科, 同窓会幹事, 2004年8月~継続中

# (3)実行委員

  • 缶サット甲子園 四国地方大会, 実行委員長、2018年
  • オープンソースカンファレンスin香川,実行委員,2011年
  • オープンセミナーin香川,実行委員,2010年
  • 技術セミナー「Android入門講座」,実行委員,2010年
  • 四国地区高等専門学校体育大会, 実行委員, 2008年
  • 全国高等専門学校体育大会, 大会実行責任者, 2007年
  • ミニサイエンスフェスタin南新町商店街, 実行委員, 2005年
  • 四国移動型&自律型ロボット競技会(SMART2003), 実行委員, 2003年

# 行事等による活動(研究)

  • "オープンソースソフトウェアインストールマニュアル自動生成システムの開発", 高松工業高等専門学校 高松高専テクノマーケット, 2009年8月
  • "オープンソースソフトウェアインストールマニュアル管理のためのWebデータベースシステム", 岡山大学 通信ネットワーク工学科, オープンハウス, 2007年3月

# 行事等による活動(教育)

  • "飛行船を作って飛ばそう"
    サイエンスフェスタ(小中学生向け体験学習), 香川高専高松キャンパス, 2009年11月7日及び8日, 2010年11月 6日及び7日
  • "飛行船を飛ばそう"
    サイエンス教室(小学生向け講座), 香西小学校, 2009年11月29日,栗林小学校, 2008年10月18日
  • サイエンスフェスタ2008(小中学生向け体験学習), 高松高専, 2008年11月8日及び9日,
  • "電池のいらない懐中電灯を作ろう"
    サイエンス教室(中学生向け講座)大内公民館 2009年10月4日
  • サイエンスフェスタ2006,2007(小中学生向け体験学習), 高松高専, 2006年11月11日及び12日,2007年11月10日及び11日,
  • "ロボットを作ってプログラムで動かそう"
    オープンキャンパス(中学生向け講座), 2003年9月6日及び7日, 2008年10月4日, 2009年10月24日
  • ミニサイエンスフェスタ(小中学生向け講座), 南新町商店街 2004年10月30日,31日
  • "LANケーブルを作ってネットワーク技術を学ぼう"
    オープンキャンパス(中学生向け講座) 2004年9月11日,12日, 2005年9月10日,11日
  • "強い戦車を作ろう -Javaプログラミングの学習- "
    サイエンスフェスタ2003(小中学生向け体験学習), 高松高専, 2003年11月8日及び9日

# 学外研修等

  • Android/XPERIA developer meeting Takamatsu(アルファあなぶきホール), 日経BP社, 2010年3月21日
  • Shikoku GTUG #4 in Kagawa(サンポートホール高松), 四国GTUG, 2010年2月13日
  • ILAカンファレンス2008(大阪工業大学) ハンズオンセッション,サポートセミナー受講, 2008年8月4日~6日
  • ILAカンファレンス2005(豊橋創造大学) ハンズオンセッション,サポートセミナー受講, 2005年8月8日及び9日
  • ITスキルトレーニング,"JAVAプログラミングⅠ,Ⅱ" サン・マイクロシステムズ, 2005年8月1日~5日
  • 高度職業訓練 専門短期過程(24時間) "インターネットサーバ構築法(Linux編)", 香川職業能力開発促進センター, 2005年2月
  • シスコ・ネットワーキングアカデミー 教員トレーニング(CCNA1~4 TTT), インターネット・ラーニングアカデミー(ILA),1ヶ月(2004年,2005年各1週間,全4回)
  • 幹部部隊通信(航空)過程,陸上自衛隊 航空霞ヶ浦分校(茨城県), 3ヶ月, 2000年3月~6月
  • 幹部部隊通信基礎過程, 陸上自衛隊 通信学校(神奈川県), 3ヶ月, 2000年1月~3月
  • 幹部航空操縦過程(UH), 陸上自衛隊 航空霞ヶ浦分校(茨城県), 7ヶ月, 1998年11月~1999年6月
  • 幹部初級過程, 陸上自衛隊, 航空学校(三重県), 4ヶ月, 1998年1月~5月
  • 一般幹部候補生, 陸上自衛隊, 幹部候補生学校(福岡県), 6ヶ月, 1997年4月~10月

# 防災活動への貢献

  • 愛知県西部地区地震発生に伴う被害情報収集部隊の後方指揮所勤務(中方ヘリ行災命6-1号) 2000年10月31日(1日間)
  • 鳥取県西部地震発生に伴う情報収集任務の後方指揮所勤務(中方ヘリ行災命5-1号)  2000年10月6日(1日間)
  • 愛知県西部地区・岐阜県東部地区大雨による災害派遣隊の後方指揮所勤務(中方ヘリ行災命4-1号) 2000年9月12日-14日(3日間)
  • 姫路射場南側山林火災 災害派遣隊の後方指揮所勤務(中方ヘリ行災命3-1号) 2000年8月13日-14日(2日間)

# 受賞歴

  • 第21回 源内奨励賞(エレキテル尾崎財団) 2014年3月25日
  • 論文集「高専教育」 第36号「高専教育論文賞」
  • 国立高等専門学校教員顕彰 分野別優秀賞 (若手部門 学生生活指導分野)
  • 岡山大学 自然科学研究科長賞 岡山大学, 2009年9月
  • 四国地区高等専門学校体育協議会表彰(野球部、チーム表彰), 2009年2月
  • HISS優秀プレゼンテーション賞 第10回IEEE広島支部 2008年11月
  • 賞詞5級(職務遂行による功績), 中部方面ヘリコプター隊本部付隊長, 2001年3月

# クラブ指導における業績

# (1)国際大会

  • NAPROCK国際プログラミングコンテスト 2nd price,2018年
  • NAPROCK国際プログラミングコンテスト 出場, 2009年,2010年

# (2)全国大会

  • 第7回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 最優秀賞 2018年
  • 第6回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 観客賞 2017年
  • 第6回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 優秀賞 2017年
  • 第5回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 佐々木嘉和賞 2016年
  • 第5回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 優秀賞 2016年
  • 第4回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 優秀賞 2015年
  • 第3回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 優秀賞 2014年
  • 第2回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 衛星賞 2013年
  • 第1回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』 出場 2012年
  • 全国高等専門学校プログラミングコンテスト(自由部門), 優秀賞2018年
  • 全国高等専門学校プログラミングコンテスト(自由部門), 企業賞(ブロードリーフ)2012年
  • 全国高等専門学校プログラミングコンテスト(自由部門), 敢闘賞, 2011年-2013年
  • 全国高等専門学校体育大会(野球部門), 準優勝, 2009年
  • 全国高等専門学校プログラミングコンテスト(競技部門), 準決勝進出, 2008年-2010年
  • 全国高等専門学校デザインコンペティション(ものづくり部門), 佳作, 2008年
  • 全国高等専門学校体育大会(野球部門), 第3位, 2006年

# (3)地方大会

  • 衛星設計コンテスト 一次予選落選 2013年 - 2015年
  • 全国高等専門学校プログラミングコンテスト, 一次予選落選2014(課題部門),2015(自由部門)
  • 缶サット甲子園(和歌山大会),出場,2012年-2014年
  • 四国地区高専体育大会(野球部門), 準優勝, 2011年
  • 四国地区高専体育大会(野球部門), 優勝, 2006年-2009年(4年連続)
  • 四国地区高専総合文化祭(ミニプロコン部門)準優勝, 2009年および2010年
  • 四国地区六大学野球(2部リーグ)優勝, 2008年
  • 四国地区高専総合文化祭(ミニプロコン部門)優勝, 2008年

# 技術審査職員の実績

  • 香川高等専門学校    校内LANシステム    1式 2012年12月21日結果報告
  • 香川高等専門学校    無線LANシステム    1式 2010年3月9日結果報告
  • 高松工業高等専門学校 教育用電算機システム 1式 2009年11月11日結果報告
  • 高松工業高等専門学校 講義収録システム    1式 2009年3月12日結果報告
  • 高松工業高等専門学校 WEB会議サーバ     1式 2009年3月12日結果報告
  • 高松工業高等専門学校 双方向講義システム   1式 2009年1月14日結果報告

# 主要な資格

  • 長岡技術科学大学 客員准教授2014年 - 2016年
  • 組込みソフトウェア技術者・管理者育成研究会(SESSAME) 基礎セミナー講師(2015年9月まで)
  • 丙種陸上無線通信士(2001年7月18日 防衛庁GGC-207457)
  • 航空無線通信士(1999年10月22日 郵政省)

# 経歴

  • ニューヨーク市立大学クイーンズ校,地球環境科学科,客員准教授,2017年3月〜2018年3月
  • 香川高等専門学校 電気情報工学科, 准教授, 2013年4月~現在
  • 香川高等専門学校 電気情報工学科, 助教, 2009年12月~2013年3月
  • 高松工業高等専門学校 電気情報工学科, 助手, 2003年5月~2009年11月
  • 陸上自衛隊 富士学校 装備開発実験隊 (第4科), 装備幹部(通信妨害装置担当), 2003年4月
  • 陸上自衛隊 中部方面航空隊 中部方面ヘリコプター隊 本部付隊(隊本部), 訓練幹部(訓練計画担当), 2000年4月~2001年3月
  • 陸上自衛隊 中部方面航空隊 中部方面ヘリコプター隊 本部付隊(通信班), 通信幹部(航空無線機整備担当), 1999年12月~2000年3月
  • 陸上自衛隊 中部方面航空隊 中部方面ヘリコプター隊 第2飛行隊(飛行班), 飛行班付(航空機操縦要員), 1997年10月~1999年11月